«前の日記(2003年12月27日) 最新 次の日記(2003年12月29日)» 編集

Matzにっき


2003年12月28日 [長年日記]

_ [教会]今年最後の日曜日

というわけで今年も終わり。 最後くらいは松江で。やはり家族一緒だと子供たちも安心するらしい。 すまんな、お父さんの責任が忙しくて。 会社の用事よりもはるかに忙しいぞ。

一年のまとめとか。「み恵みを数え上げ」というテーマでのお話があった。 確かにたくさん恵みを受けていても、感謝の気持ちに欠けることはあるよな。 年の終わりには感謝の祈りをささげよう。いや、別に年の終わりでなくてもよいんだけど。

宣教師の任期を終えて帰ってきた兄弟が経験を報告してくれる。 2年間悔いのない生活を送ったと胸を張って話す姿はまぶしいくらいだ。 自分が宣教師していた頃を思い出す。あの頃、私は若かった。

集会終了後、「来年もどうぞよろしく」とあいさつを交わすが、 実際には、ほんの1週間後なんだよね。

_ [本]『どんどん目が良くなるマジカル・アイ

どんどん目が良くなるマジカル・アイ (TJ mook)(貴久, 徳永) という本を先日買っておいたのを眺めてみる。 立体視によって目の緊張がほぐれるという信じていいんだか悪いんだかわからないような本だが、 まあ、話のタネに、と思って(ちょっと遅いです)。 長女の視力が極端に下がっているので少しでも役に立てばという思いもある。

読むと、中に「目にいいブルーベリーエキス」の広告が入ってたりして、ますます眉唾感を高めてくれる。

ま、それはともかく、立体視には交差法と平行法とがあって、 目の緊張をほぐすためにはより遠くに焦点を合わせる平行法の方が良いらしい。

しかし、私は交差法しかできないのだ。

で、立体視しやすくなるための「マジカル・アイ」専用スコープなるものが付録についていたので、 「これを使えば私にも平行法ができるようになるかもしれない」と日曜工作。 しかし、ちっとも見えないのだ。どうも長年の近視生活のため、 焦点の合わせ方が近い方に最適化されているらしい。

息子に与えてみる。わずか数秒で「わあ〜、見える」だと。 まだ柔軟性が高いらしい。きちんと平行法で見えているようだ。

その後、スコープを使うことで家族全員が(風邪ぎみで挑戦しなかった一人を除いて)平行法に成功したが、 私だけはいくらやっても見えないのだ。なんだか悔しい。

_ [日記]テーマ変更

クリスマスは終わりましたよ」という指摘を受けたので、 テーマを変えてみる*1。 今回はeasyを選択。

ついでにCSSをいじったり、tdiarygrepによる検索を追加してみたりする。 さらにtdiarygrepのスタイル対応やプラグイン対応などしてたら日が暮れる。

なにをやってるんだ。

*1  ちなみにうちはまだクリスマスツリーが飾ってあります。例年、年が明けてもずっと


«前の日記(2003年12月27日) 最新 次の日記(2003年12月29日)» 編集