«前の日記(2005年12月21日) 最新 次の日記(2005年12月23日)» 編集

Matzにっき

<< 2005/12/ 1 1. 壮行会
2 1. Firefox 1.5
3 1. [OSS] ITmedia エンタープライズ:FSF、GPLライセンス改定計画を発表
4 1. [教会]米子
2. 一族集結
5 1. 低レベル
2. [Ruby] Why Ruby is an acceptable LISP
6 1. [教会] Drinking Problem
2. 『わたしたちの田村くん』
7 1. Perl format string integer wrap vulnerability
2. ゾープ・ジャパン、Zope 3のトレーニングコースを実施
8 1. テーマ変更
9 1. W-Zero3
10 1. [Ruby] 名前重要 (Range編)
2. 待合室で無線LAN
11 1. [教会] 松江
12 1. W-ZERO3ふたたび
13 1. 雪
2. [Ruby] Ruby: A New Danger
14 1. タイヤ交換
2. ぶつけた
3. [Ruby] Ruby on Rails v 1.0 released!
15 1. 東京出張
2. 忘年会
16 1. 呪われたプレゼン
2. Thinkpadを復活させよ
17 1. クリスマス会
18 1. [教会] 松江
2. Thinkpad不調
19 1. 取材
2. 新聞
3. 献本
20 1. [Ruby] Ruby2について考える
2. [Ruby] The departure of the hyper-enthusiasts
21 1. 呪われたマシン
22 1. 病気 (1)
2. [Ruby]Even Larry Gets Laid Off
3. [言語] Guido van Rossum to work for Google
4. 雪と出張
23 1. memtest86+
2. [教会] お手伝い
3. memtest結果
4. [Ruby] るびまッ 12号
24 1. 病気(2)
2. [Ruby] ONJava: 2005 Year in Review
3. [本] Joel on Software
4. [Ruby] 1.8.4 リリース
25 1. [教会] 礼拝
2. [聖書] クリスマス ≒ キリストの誕生日 ≠ 12月25日
26 1. [言語] Setter/Getterを作るのがめんどくさかった
2. 時間がない
3. OB
4. [会社]忘年会
27 1. [会社] 仕事納め
2. 病気(3)
3. 後で書く
28 1. 病気(4)
2. 病気(5)
29 1. 回復
30 1. 年賀状
2. A Little Anti-Anti-Hype
31 1. [OOP] Classbox
2. [PC] もうだめだ。
3. [家族] 家庭の夕べ
>>

2005年12月22日 [長年日記]

_ 病気 (1)

今日は終業式だというのに、息子が嘔吐下痢症にかかってしまった。 症状などから考えるとノロウィルスによるもののようだ。

夕方にはだいぶ具合が良くなったようだ。

_ [Ruby]Even Larry Gets Laid Off

先日、バスにはねられたらというエントリを書いたのだが、 小飼さんが Larryがリストラされたことを引いて、

「もし、まつもとさんが失業したらRubyはどうなるんだ」という質問とどちらが難しいだろう

と懸念して下さった。

ま、死んでしまえば、この世の人たちとの交流は完全に閉ざされてしまうので Rubyに対して手の出しようがなくなるのに対して、 失業してもRubyをあきらめる必要はないので、もうちょっとマシなんじゃないかと。

当面、失業する予定はないし、したくもないんだが、 今後、Rubyをビジネスに活用する人が増えて、 私の利用価値が増えれば、私の立場がより安定するのではないかと思う。 来年のRuby界の動きに注目したい。

そういう意味では、引き続き「Rubyにとって欠かせない人物」というポジションを死守する必要があるのだろう。言語設計者の立場は弱いので、油断なく「利用価値」を維持する必要がある。

(次のエントリに続く)

_ [言語] Guido van Rossum to work for Google

GuidoがGoogleに雇われたという話。

まあ、状況はよくわからないが、 とりあえず「おめでとう」と言っておこう。生活が安定することは良いことだ。

_ 雪と出張

朝から大雪。今日は東京出張の予定だったが、 大雪の中、空港まで移動した時点であきらめた。 飛行機は飛びそうだったのだが、キャンセル。 行ったら帰れそうにないし。

後で聞いたところによると、実際行ってたら帰れなかったらしい。 出雲への最終便は機材のやりくりが付かず欠航だった。

行かなくて正解だった。


«前の日記(2005年12月21日) 最新 次の日記(2005年12月23日)» 編集