«前の日記(2005年04月26日) 最新 次の日記(2005年04月28日)» 編集

Matzにっき


2005年04月27日 [長年日記]

_ [Ruby] Ruby is the "Most Loved" programming language

以前にもあった、Googleで「"i love x" programming」と「"i hate x" programming」とを検索して、 LOVE/HATE比を出す、というお話。ここで「x」にはRuby, Java, Pythonなどが入る。

LanguageLoveHateRatio
Ruby1,45013111.54
Python1,3304628.91
Smalltalk57319.00
Perl1,7204264.04
Lisp185772.40
Java2,6801,3501.99
C8725061.72

なんと、Rubyはダントツの一位。ま、しょせんお遊びだけど、それでも嬉しい。

_ [Ruby] 訃報x2

宅急便で献本が届いた。『恋するプログラム〜Rubyでつくる人工無脳』。

著者の秋山さんからは正月にメールをいただいていて「献本したい」とのことであった。 ようやっと完成したということだ。まだ読み込んでいないが、なかなか良いテーマで書かれた本だと思う。

が、しかし、編集の方から連絡があって 「秋山さんは2月18日に亡くなられました」とのことだった。著者紹介の欄にもそう書いてある。 36歳、クモ膜下出血だったそうだ。 まだ若いのに。自分とほぼ同世代でまだまだ若い人(しかもRubyユーザ)が亡くなるのを聞くのは切ない。

また、先日の尼崎の列車脱線事故の被害者の中に石井 勝さんがいらっしゃったのだそうだ。彼とも直接面識はないが、彼を通じてRubyを知ったという人も多かったようだ。 彼もまた同世代(37歳)であった。

彼らの魂よ安かれと祈る。

_ [Ruby] スクリプト言語人気に思う,動的型付け言語の可能性

「動的言語ってばけっこういいじゃん」ってお話。

Javaのような厳格な言語を自在に使いこなして大規模な企業システムをバリバリと作っている技術者の中にも,スクリプト言語ファンは多い。彼らを惹きつけるものは,いったい何なのか。

Rubyを愛するそんな技術者のお一人に,この疑問をストレートにぶつけてみた。その方いわく「とにかく楽なんだよなあ,Rubyでプログラミングするのは。なんでだろう。よく分かんないなあ」。

この言葉を聞いてはっとした。この一言に,スクリプト言語が持つ魅力が凝縮されているように感じたのだ。言葉にできない何か,感覚的な「楽」さ。それこそが,スクリプト言語人気の根底にあるパワーなのではないか。

パワーなんです。

八木さんからは先日の「日経バイト」の特集のためにメールでインタビューを受けていて(ちゃんと献本していただいた、感謝)、その内容がここでも再利用されている。 あ、そのインタビューの中では動的言語のデメリット(型がないから実行してみないと分からないとか、プログラムを見ただけでは何を渡してよいか分からないとか)についても触れていた。記事には使われなかったけど。

まあ、こういうところで紹介されるというのは動的言語がメインストリームに近づいてきたということなのだろうか。10年時代を先行していたということか。そんなこと言ったらLispなんか40年時代を先行しているわけだけど。

_ プロポーショナル? 固定ピッチ?

あまり登録した記憶がないメールマガジンが送られてきた。 忘れているだけできっとどこかでアドレスを渡したのだろう。

しかし、妙な記述が。

このメールマガジンは、日○○○○主催または協賛の展示会やセミナーに
(Webセミナーを含む)にお申し込み・参加された際に、情報提供について
ご了解いただいた皆様にお届けしています。
このメールはプロポーショナル「固定ピッチ」でご覧ください。

えーと、つまり要するにフォントはなにを使えと。 「プロポーショナル」で「固定ピッチ」などと自己矛盾するフォントは持ってないっす。


«前の日記(2005年04月26日) 最新 次の日記(2005年04月28日)» 編集