«前の日記(2005年02月08日) 最新 次の日記(2005年02月10日)» 編集

Matzにっき

<< 2005/02/ 1 1. [家族] 学級閉鎖
2. 『スモールコンパイラの制作で学ぶプログラムのしくみ』
3. [特許]ジャスト「一太郎」の販売中止を命じる 松下アイコン訴訟で判決
2 1. 気温
2. デブサミ2005
3. [OSS] オープンソフト開発支援の法律センター開設
4. [OSS] エリック・レイモンド氏がOSI代表を降板
5. [OSS] FSFは将来のGPLに対してフリーハンドか
6. [言語] Nokia、アプリケーション開発に『Python』言語を追加
7. [言語] Tao Language for Scripting and Computing
8. デブサミ2005・追記
9. [特許] ITmediaニュース:「一太郎」判決の衝撃
3 1. おわび
2. [特許] 一太郎の敗訴 自由な開発環境の整備も必要
3. デブサミ2005 (1日目)
4 1. デブサミ2005 (2日目)
2. 『ハッカーと画家』
5 1. 風邪
2. [言語] リッチ・クライアント開発言語「Curl」の採用企業が増加,Webサービスにも対応予定 : IT Pro
3. [特許] フォローアップ
4. [家族] 百日の祝(ももかのいわい)
6 1. 一回休み
7 1. [映画] ペイチェック 消された記憶
8 1. 妻の誕生日
2. [言語]The Falcon Programming Language
9 1. [特許] 特許2945753号
2. [特許] OASIS、「隠れ特許」を避ける新ポリシーを策定
10 1. 出社
2. [OSS] オープンソース・プロジェクトの作り方
11 1. [Ruby]アマゾンが、ブログサイト「43 Things」に投資
12 1. [OSS] O'Reilly Open Source Convention
2. Trackfeed
13 1. [教会]岡山
14 1. [原稿]UNIX USER
2. チョコレート
3. [Ruby] FutureMail
15 1. [Ruby] ルびま〜
2. [原稿]日経Linux
16 1. [原稿]日経Linux
2. [特許]HP幹部:「ソフトウェア特許を無視するのはいささか世間知らず」
17 1. 中部国際空港が開港・3大空港時代がスタート
2. [OSS]「世界に通用するオープンソース人材を」リナックスアカデミーがミラクルと提携し高度教育コース
3. [Ruby] A Little Ruby, A Lot of Objects
4. ruby.meetup.com
5. セミコロンをリターンに
6. [OSS] オープンソースライセンスを3種類に--OSI、削減策を検討
18 1. [Ruby] 関数呼出し
2. [Ruby] Look at me, I’m a Signal!
19 1. 買い物
2. ルートビア
20 1. [教会] 米子訪問
21 1. [言語] Minimizing Row Displacement Dispatch Tables
2. [特許] CAもオープンソースへの特許公開を確約
3. [OSS] フリー/オープン・ソース・プロジェクト管理の要諦
4. How NERDY are You?
22 1. [Ruby] International Obfuscated Ruby Code Contest
2. [Ruby] Chizzle
3. [OSS] VAリナックス、オープンソースに関する信条とコミュニティーへの約束を条文化
4. [OSS] 普通の会社
23 1. [言語] Teaching my kids to program
2. [Ruby] Probe Object
24 1. [Ruby] 古いRuby
2. [Ruby] 言語の誕生日
25 1. [家族] 次女誕生日
2. [OSS] 株式会社ユヒーロ
3. FCCのデジタルTVコピー規制は「度を超している」と裁判所
26 1. [知財] 「創作とは、人の心に宿ったものの表現」松本零士氏が著作権保護を語る
2. 外食
3. 先生
27 1. [教会] 松江
28 1. [特許] 最近の特許交渉相手の問題点
2. [OSS] IBM、PHPの支持を表明--「Zend Core」バンドルを共同開発へ
3. [OSS] オープンソースプロジェクトと企業間の確執
>>

2005年02月09日 [長年日記]

_ [特許] 特許2945753号

shiranuiさんが松下の特許2945753号について考察してくださっている。

もっとも、結論は

「私が現在調べられる資料の範囲内では、何とも言えない。」です。

全く含まれていないと断言することはできませんが、完全に含まれているとも言えません。前述したソフトウェア特許研究会で、弁理士の谷川英和氏がどのような意味合いで述べられたのかが分かりませんので、谷川英和氏がおっしゃったことを鵜呑みにするのもできません。

だそうだが、特許の専門家らしい慎重かつ冷静な分析は参考になる。

_ [特許] OASIS、「隠れ特許」を避ける新ポリシーを策定

OASISの特許に対する新方針。

新ポリシーの下では、同団体の技術委員会に標準案を提出する者は、その技術から特許使用料を徴収する予定があるかどうかを言明しなくてはならない。

だそうだ。まあ、不意打ちのような特許紛争を避けるためには妥当な行動だと思う。

OASISは、RambusがSDRAMメモリ標準をベースにした製品に対して特許使用料を要求し始めたときに半導体業界が陥ったような事態を避けようとしている。Rambusは結局、SDRAM関連の特許を持っていることを明かさずに標準化の会合に参加したとして、詐欺で有罪判決を受けた。だがその後、控訴審でこの判決は覆された。控訴裁判所は、Rambusが参加した標準化委員会Joint Electron Device Engineering Councilには、Rambusを詐欺罪に問えるような明確かつ十分な知財開示ポリシーがなかったと判断した。

ということなので、「事前に明確にしてもらう」という運用体制が必要なのだろう。

オープンソースでも「コードを貢献するものはその技術から特許使用料を徴収する予定があるか言明しなくてはならない」というルールを確立すべきか。たとえば、GPL3にこのルールを導入するのはどうだろう。不浄条項とは違い自由の制限にはならないような気がする。


«前の日記(2005年02月08日) 最新 次の日記(2005年02月10日)» 編集