«前の日記(2005年01月11日) 最新 次の日記(2005年01月13日)» 編集

Matzにっき

<< 2005/01/ 1 1. 新年会
2 1. [教会]松江
3 1. 年始
4 1. [言語]Adding Optional Static Typing to Python
5 1. [言語] Python Is Not Java
2. 米子
6 1. [Ruby]Playing with Ruby
2. [言語]The Evolution of an Extension Language: A History of Lua
3. [特許]MS、ソフトのコンパイル・編集に関する特許を取得
7 1. [言語]Optional Static Typing -- Stop the Flames!
2. Typing Ruby - Ruby言語型チェックプログラム
3. [会社]会議
4. [特許]“特許テロ”と戦う手段
5. [言語]PHPが「2004年のプログラミング言語」に〜TIOBE Index
8 1. [言語]The Guido van Robot Programming Language
2. [OSS]A New Linux Business Model
3. [言語]Alan Ver0.08
9 1. [教会]岡山
10 1. [言語]The design of the Inferno virtual machine
2. [言語]DSL Design Considerations
3. [Ruby]Free Money for Rubyists!
4. [Ruby] YARV: Yet Another RubyVM 0.1.0
11 1. [特許][OSS]IBM、500件の特許をオープンソースに「寄贈」
12 1. [OSS]Sun CEOが語る「Javaをオープンソース化しない理由」
2. [OSS]PostgreSQLをメインストリームに推すPervasive
3. 新年会
13 1. [言語]私はなぜXMLを愛していないか 〜 言語屋の視点から
2. [Ruby]Looking for Japanese allies
14 1. 知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究
2. Famous and not so famous programming quotes
3. [言語]Python in What's Ruby
4. 10代男の子の『なりたい職業』第1位は、プログラマー
15 1. [特許]マイクロソフト平野氏「特許は新製品を生み出すドライビングフォースとして無視できない」
16 1. [教会]出雲
2. [家族]誕生日
17 1. ミクロマンマニアックス
2. [原稿]Linux Magazine 3月号
18 1. [特許]Matz's diary:マイクロソフトは、オープンソースソフト陣営にどこまで接近できるのか
19 1. [会社]ビジター(訪問者)
2. [本]『C++の設計と進化』
20 1. [言語]Python Optional Typechecking Redux
2. [会社]人材不足と慢性的残業の悪循環を断ち切る : Hotwired
3. [Ruby]Ta-da list
21 1. OOPSLA 2004 Proceedings
22 1. 今日のハック
2. 水鳥ウォッチング
23 1. [教会]松江
24 1. [Ruby]文法の意味
2. [知財]Transmeta、経営再建へ - 知財と技術ライセンス重視へ
3. 知っておきたかったこと --- What You'll Wish You'd Known
4. [Ruby][ANN] Ruby 2.0!
5. [Ruby] Ruby-on-Rails Effect
25 1. [OSS]見直しがすすむGPL
26 1. [特許] 米サン、基本ソフト特許1600件を無償公開
2. [Ruby]accident attempt
27 1. Developers Summit 2005
28 1. [家族]三ヶ月目
2. [Ruby]Ten Things Every Java Programmer Should Know About Ruby
3. [OOP]OOP Is Much Better in Theory Than in Practice
4. [家族]ふたば祭
29 1. [本]『ハッカーと画家』
30 1. [教会]松江
31 1. [特許]「本当にオープン?」、米Sunの特許無償提供に民間団体が異議
2. [OSS] FSFは将来のGPLに対してフリーハンドか
>>

2005年01月12日 [長年日記]

_ [OSS]Sun CEOが語る「Javaをオープンソース化しない理由」

−−開発者の一部はSunに対し、Java仮想マシンの実装をオープンソース化するよう求めてきました。そうしなかった理由は? Solarisをオープンソース化する理由は、Javaにも等しく当てはまるように思えるのですが。

マクニーリー氏 最初からJavaコミュニティープロセスが存在したから、というのが主な理由です。Java Community Process(JCP)には900を超える企業と組織が参加しています。そこにあるのはコミュニティー開発の問題だけではありません。オープンソース化がどんな問題を解決するのか、私には確信が持てないのです。オープンソース化により、どんな問題が解決されるのでしょうか? われわれは実際にそれを見出そうとしています。われわれはJPCを調整、修正することに満足しています。今でも独力であらゆるJava技術をオープンソースあるいはプロプライエタリで実装することは可能です。認証プロセスもあります。オープンソース化で何が解決されるか、われわれは本当に確信がないのです。現時点で壊れていないものを修正するようなことはしたくありません。

えーと、Java言語仕様とSunのJVM実装の問題をわざと混同するのはいかがなものかと思うのだが。

Java言語の仕様を管理するJCPの存在は「SunによるJVM実装をオープンソースにしない理由」にはならない。 もちろんSunには「SunによるJVM実装をオープンソースにしない理由」があって当然だし、 オープンソース化する義務など微塵もないのだが、 それでもなお質問の答えにはなっていないような気がする。

_ [OSS]PostgreSQLをメインストリームに推すPervasive

がんばってください。

_ 新年会

島大、縄手研の新年会。今年は最終年度なので(ええっ、もう?)、論文をどうするかとかいう話もする。


«前の日記(2005年01月11日) 最新 次の日記(2005年01月13日)» 編集