«前の日記(2004年12月12日) 最新 次の日記(2004年12月14日)» 編集

Matzにっき

<< 2004/12/ 1 1. [会社]ペア・プログラミング
2 1. [OSS]日本におけるOSSの幻想-OSS界のガラパゴス諸島、ニッポン
3 1. [OSS]なぜグローバルか、私の場合
4 1. [原稿]Linux Magazine 2月号
2. バグレポート指南
5 1. [教会]命名
6 1. [原稿]Linux Magazine 2月号(その2)
2. [言語]言語設計者とヒゲ
3. [OSS]ガラパゴス
7 1. [OOP]Traitsについて再び
8 1. [OSS] matz氏とoswayについて話す
2. [PC] 米IBM、PC事業をLenovoに売却
3. Linux Magazine休刊
9 1. Linux Magazine 1月号
2. [映画]サンダーバード
10 1. [言語]Dynamic Java
2. [特許]MS対Eolas、ブラウザ特許訴訟控訴審で再び対決
3. [Ruby]Facets of Ruby
4. 山陰中央新報『特集 しまねIT新時代』
11 1. 体調
2. 「白血球不一致の父から骨髄移植」
12 1. [教会]岡山
13 1. [OSS]「IBMとの訴訟が決着するのは来年末」、米SCOのマクブライドCEO語る
14 1. 誤解
2. The Complete History of the Internet
15 1. [Ruby]TraitsとMix-in
2. 『ウルトラマン』@てれびくん
16 1. 小さなP2P
17 1. [Ruby]るび…ま?
2. japan.linux.comにて「JLC Diary」の正式運用開始
18 1. 買い物
19 1. [教会]出雲
20 1. IPAヒアリング
21 1. 豆蔵
22 1. 年賀状
2. [会社]忘年会
23 1. [教会]クリスマス会
24 1. 『今年もキミは来ないのね−聖夜にかけるIT戦士かく闘えり
2. 年賀状
25 1. クリスマスの朝
2. クリスマス・リリース
3. 『「メリークリスマス」は時代遅れ 宗教からみ米で議論
26 1. [教会]松江
2. 年賀状
3. [聖書]イエス・キリストの誕生日
27 1. [言語]The Aikido Scripting Language System
2. [言語]The Spry Computer Language
3. [言語]企業システムにおけるPHP5の可能性
28 1. [会社]仕事納め
29 1. 片付け・来客
2. [言語]A crisis of faith
30 1. 年賀状
2. [言語]同じスクリプト言語
3. 散髪
31 1. 10大ニュース
>>

2004年12月13日 [長年日記]

_ [OSS]「IBMとの訴訟が決着するのは来年末」、米SCOのマクブライドCEO語る

まだやる気ですよ。来年末まで保つのかな。

個人的には途中で破産したりせずに、きちんと決着をつけてほしいと思ってるんだが。 どうせSCOの負けに終わるから。

下手に曖昧なまま残されて、「SCOの資産」が売却され、 他の会社の資産として計上されてしまうと、 その会社が傾いた時にきっと同じことが再発すると思う。 一連のSCO事件だって、結局は資金ショートしかかった企業が、 よそから受け継いだ資産を現金化しようとする行為にほかならない。

会社が傾きかけた時のなりふり構わぬ行為はあちこちに迷惑を及ぼす。 これは別にSCOだけに限らない。

この際、きちんと「SCOの資産」に価値がないことを明らかにしといてほしいものだ。 そのためなら来年末くらいまで待ってもかまわない。


«前の日記(2004年12月12日) 最新 次の日記(2004年12月14日)» 編集